2019.07.16更新

 先日、健康保険の治療で使用できる、歯周組織再生剤リグロスの講習会に参加して参りました。 

 

 遺伝子組換えヒト塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF, FGF-2)製剤「リグロス」は2016年12月から日本国内で販売が開始された歯周組織再生剤です。

 

 リグロスが画期的な点は,世界初の「歯周組織再生医薬品」であることと保険適応であるということです。

 

  歯周組織再生剤リグロスを用いた外科処置は、歯周外科手術の際に、歯周病に侵された歯根表面に細胞を増やす成長因子を主成分とした薬品を用いて、破壊された歯周組織の再生を図る治療法です。

 

 リグロスは歯周組織欠損部の未分化間葉系細胞、歯根膜由来細胞に対して増殖促進作用を示すとともに血管新生を促進します。これらの作用により増殖した細胞は骨芽細胞、セメント芽細胞へと分化し、歯槽骨、セメント質及び歯根膜の新生や結合組織性付着の再構築により歯周組織が再生されます。

 

 歯周病で歯槽骨が破壊されてしまった部分に、今までは難しかった骨の再生を望むことが可能になる時代がやってきました。         院長 西本

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2019.07.04更新

 

プラークは非常に多くの菌種から構成されています.しかし,すべての菌種に 歯面へ付着する能力があるわけではありません.プラークは,下記のいくつかの 段階を経て成熟していきます.

①‌ ‌ 歯面に付着する能力をもった菌種(早期定着細菌群,レンサ球菌など)が歯面に 定着 

②‌ ‌ 歯面には付着できないが,すでに歯面に付着している菌種と結合することので きる菌種が積み重なる

③‌ ‌ さらに表層の菌種と結合できる菌種が次々とプラークの一部として集まってく る(共凝集)

 

歯肉 縁下プラークは,以下の3つのゾーンに分かれます.

 ①歯面に付着しているプラーク  ②上皮に接触しているプラーク  ③上記の2つの間にある細菌密度が疎な部分(非付着性プラーク)


 病原性の強いレッドコンプレックス

ソクランスキー(Socransky)らは,歯肉縁下プラークを構成する菌種を分析し, 6つのグループに大別できることを示しました.さらに,歯周組織が健 康な被験者と歯周炎の被験者の菌種を比較し,歯周炎ではオレンジコンプレック スとレッドコンプレックスが有意に増加していることを明らかにしました. このレッドコンプレックスは,上皮に接触しているプラークに相当すると考えら れます.レッドコンプレックスに含まれるP. gingivalisは,軟組織に侵入するこ とが確認されており,歯周組織において強い病原性を有するとされています.red

 



投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2019.06.12更新

先日、横浜で行われた咬合育成の講演会に行ってまいりました。

 お口の中の歯並びは、その発育段階により、乳歯列期、乳歯が永久歯と生え変わる混合歯列期、永久歯列期に分けられます。

最終的な永久歯列期に歯並びが悪くならないよう、乳歯列期、混合歯列期と経過を追っていくことが大切です。

 乳歯列期で注意すべきことは、上下の前歯が接触しているか、歯と歯の間に隙間があるか、かみ合わせの上下の被さり方が正常か、上下の真ん中が一致しているか、などです。

 混合歯列期では上下の前歯が交換する時点で、重なってないか、かみ合わせの被さり方が正常か、上下の前歯が接触しているか、乳犬歯が残っているか、上下の真ん中が一致しているか、などです。この時期が正常なら、正常咬合になる可能性が高いと考えられます。

 きれいな歯並びを獲得するためには、子供さんが小さな時から、歯医者さんで、チェックしてもらうことが大切です。

                   院長 西本

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2019.05.17更新

 歯周病の講演会に行ってまいりました。

歯周病はMicrobiome(細菌叢)の、Microbial shift により 正常な低病原性の細菌叢が異常な高病原性の細菌叢に変化することで発症します。

日本人の成人の77%が歯周病、38%が歯周病治療が必要、10%が深刻な歯周病と言われています。

 子供は無菌的に生まれてきますが、成長とともに口腔には、様々な細菌が住み着きます。

18歳以降に、PG菌という、歯周病的にかなりの悪さをする細菌が定着する様になります。(それ以前の年齢ではどうも定着しないらしい)

どこからともなく?接触感染します(笑)

この時に防御できるかが、その後の歯周病との一生を決めます。なかなか難しいですが。

 歯周病と戦うには、プラークが時間をかけて病原性を高めるので、 そこをたたくために、年に数回のプロフェッショナルオーラルケアが大切です。

定期的に歯医者でクリーニングを受けましょう。         院長 西本

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2019.04.25更新

先日、ビックサイトで行われた総義歯の講演会を聴いてまいりました。

コピーデンチャーを作成し、それを使って外れない痛くない義歯の形を作り上げていく方法の講演でした。

理想的な総義歯の形をいろいろな角度から解説して下さり、初めて知ることも多く、目から鱗の講演でした。

会場も熱気むんむんで、感動いたしました。

早速、今後の臨床に応用させていただきます。

ありがとうございました。            院長 西本

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2019.04.09更新

 先日、都内で開催された勉強会に参加して参りました。

 

歯科大学病院での、マイクロスコープ特診外来での歯内療法の講義でした。

 歯内療法とは、歯の中の神経が入っている場所の治療のことで、マイクロスコープを使う事の利点などを、わかりやすく講義して下さいました。

 現在の、大学病院で行われている最先端の治療や、研究の内容を講演して下さり、大変参考になりました。

これからの日常の臨床に役立たせていただききます。

 

 ありがとうございました。                 院長 西本

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2019.03.04更新

先日、都内で行われた講演会に行ってまいりました。

歯科で最新のトピックについてのお話で、

歯内療法、接着修復治療、根面被覆、総義歯の講演でした。

どの内容も、素晴らしく、今後の診療に取り入れるべく

大変参考になりました。ありがとうございました。

  院長 西本 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2019.02.14更新

先日、ITIフェローでいらっしゃる上浦先生の講演を聞かせていただきました。

内容は口腔内スキャナーによるデジタル光学印象についてのお話でした。 

口腔内スキャナーの利点として、お口の中の型を採るときに印象材を使わなくてもよくなり、患者さんの負担が減るのと、デジタル化により石膏模型が不要となり、さらに技工物ができるまでの時間の短縮も図れます。

良いことづくめの歯科の未来を体験できました。

今後口腔内スキャナーの普及により、 CAD/CAMとの連携によるフルデジタルソリューションが可能となる日が、もうそこまで来ています。 

                           院長 西本

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2018.11.27更新

 先日、大学病院や総合病院の口腔外科で行っている、歯科小手術の最新の術式についての講習会に行ってまいりました。

 我々一般の歯科医院では、対応が難しい手術などは大学病院などの口腔外科に紹介させていただいておりますが、その際の手術に使われる最新の器具や術式、考え方を学んでまいりました。

 今後の診療にも活用させていただきます。ありがとうございました。   

                              院長 西本

 

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

2018.10.29更新

 骨粗しょう症やがんの治療に使われるビスフォスフォネート系製剤は、多くの方々に使用されています。しかし、最近そのお薬の使用歴のある方が抜歯などの治療を受けると顎骨の壊死が発生する場合があることが分ってきました

 顎骨が壊死すると、歯肉腫脹・疼痛・排膿・歯の動揺・顎骨の露出などが生じます。

 飲み薬ではフォサマック、ボナロン、アレンドロン、ダイドロネル、ボノテオ、リカルボン、アクトネル、ベネットという製品名です。

 注射薬ではゾメタ、アレディアといった薬剤です。

 

 また、がん患者さんの骨病変に用いられる新たな治療薬として、抗ランクル抗体製剤のヒト型抗体製剤であるデノスマブも同頻度で顎骨壊死が起こることがわかってきました。

 注射薬で、ランマーク、プラリアといった薬剤です。

 

 多くの患者さんは、ビスフォスフォネート製剤や抗ランクル抗体製剤と知らずにいる人がほとんどです。
自分の服用している薬をしっかり把握し、もし服用していたら、必ず歯医者さんに伝えて下さい。

 

 顎骨の壊死の予防の予防には、口腔内を清潔にしておくことが大切です。毎日の歯ブラシや定期的な歯石の除去などのメンテナンスが必要です。

 

 定期的に歯科検診を受けましょう。                  院長  西本                    

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

前へ
むし歯になりたくない方へ 予防歯科 歯が痛い、虫歯になってしまった方へ 一般歯科 親知らずを抜きたい、口内炎ができた方へ 口腔外科 歯並びをよくしたい方へ 矯正歯科 歯が抜けてしまった方へ 入れ歯・インプラント・ブリッジ 歯を美しくしたい方へ 審美歯科 日々更新中!ふぁみりあBLOG