2019.06.12更新

先日、横浜で行われた咬合育成の講演会に行ってまいりました。

 お口の中の歯並びは、その発育段階により、乳歯列期、乳歯が永久歯と生え変わる混合歯列期、永久歯列期に分けられます。

最終的な永久歯列期に歯並びが悪くならないよう、乳歯列期、混合歯列期と経過を追っていくことが大切です。

 乳歯列期で注意すべきことは、上下の前歯が接触しているか、歯と歯の間に隙間があるか、かみ合わせの上下の被さり方が正常か、上下の真ん中が一致しているか、などです。

 混合歯列期では上下の前歯が交換する時点で、重なってないか、かみ合わせの被さり方が正常か、上下の前歯が接触しているか、乳犬歯が残っているか、上下の真ん中が一致しているか、などです。この時期が正常なら、正常咬合になる可能性が高いと考えられます。

 きれいな歯並びを獲得するためには、子供さんが小さな時から、歯医者さんで、チェックしてもらうことが大切です。

                   院長 西本

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

むし歯になりたくない方へ 予防歯科 歯が痛い、虫歯になってしまった方へ 一般歯科 親知らずを抜きたい、口内炎ができた方へ 口腔外科 歯並びをよくしたい方へ 矯正歯科 歯が抜けてしまった方へ 入れ歯・インプラント・ブリッジ 歯を美しくしたい方へ 審美歯科 日々更新中!ふぁみりあBLOG