2019.05.17更新

 歯周病の講演会に行ってまいりました。

歯周病はMicrobiome(細菌叢)の、Microbial shift により 正常な低病原性の細菌叢が異常な高病原性の細菌叢に変化することで発症します。

日本人の成人の77%が歯周病、38%が歯周病治療が必要、10%が深刻な歯周病と言われています。

 子供は無菌的に生まれてきますが、成長とともに口腔には、様々な細菌が住み着きます。

20歳前後に、PG菌という、歯周病的にかなりの悪さをする細菌がどこからともなく?接触感染します(笑)

この時に防御できるかが、その後の歯周病との一生を決めます。なかなか難しいですが。

 歯周病と戦うには、プラークが時間をかけて病原性を高めるので、 そこをたたくために、年に数回のプロフェッショナルオーラルケアが大切です。

定期的に歯医者でクリーニングを受けましょう。        院長 西本

 

投稿者: 医療法人社団貴歯会 ふぁみりあ歯科

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

むし歯になりたくない方へ 予防歯科 歯が痛い、虫歯になってしまった方へ 一般歯科 親知らずを抜きたい、口内炎ができた方へ 口腔外科 歯並びをよくしたい方へ 矯正歯科 歯が抜けてしまった方へ 入れ歯・インプラント・ブリッジ 歯を美しくしたい方へ 審美歯科 日々更新中!ふぁみりあBLOG